4.2.4. タブの配置

バージョン 0.1.14 まではタブは実際にウィンドウにくっついていましたが、 0.9.x からはタブはウィンドウのタイトルバーに埋め込まれています。

(0.1.14) 'タブの表示位置' という設定メニューオプションがあります。 これらはウィンドウのどこにタブを配置するかを示しています。 まさに字義どおりなので、本当に言及する必要があるのは '相対' オプションだけでしょう。 これらのオプションは、すべてのタブの総長をウィンドウの長さと同じにします。 もしタブが一つだけならウィンドウと同じ長さに、二つタブがあれば半分の長さになります。 このオプションはタブを目障りにしないためにしばしばよく使われます。